TOPICS

2010年3月5日 |

Kazuo Kawasaki 25周年企画-MP-621JJ (Ver.2010)

Kazuo Kawasaki 25周年では1994年に発売され往年の名作と好評を頂いた

MP-621JJ (Ver.2010)を限定復刻します。


フレームカラーはゴールドのみ。
51サイズ : レンズカラーがブラウンとグレー。
53サイズ : レンズカラーがブラウンとグレー。

 

 


MP621JJSG_2_.jpg

 

 

 

MP621JJSG_2.jpg

 

 

 

MP621JJSG_2S.jpg

*Ver.2010はモダンとパットが初期モデルと異なります。

*お取扱い内容は店舗により異なりますので詳細は各店に問い合わせ下さい。(企画参加店一覧

*限定生産のため数には限りがあり、無くなり次第終了となります。

 

MP-621JJの特徴である「Anti-gravity Suppot」は1994年に誕生。

ノーズパットやブリッジ、テンプルなどに反重力性を考慮することで

体感重力を感じないことや、ずり落ちることがない設計となっています。

メガネフレームに新しい機能的な形態を実現しました。

 

そしてMP-621JJは1995年に世界の工業製品等を対象に優れたデザインを選定する

iFデザイン賞を受賞。

世界に認められたメガネフレームなのです。

2010年2月26日 |

「Kazuo Kawasaki 25th Anniversary」企画が始まります!!

 

25logo.jpg

 

1985年に川崎和男氏に出会い、プロジェクトスタートから25年。
Kazuo Kawasakiフレームは2000年のシルモ・アワードをはじめとした賞を多数受賞しました。
またパウエル前米国務長官やペイリン元アラスカ州知事など
世界の要人・著名人が愛用していることでも知られ、世界を代表するメガネブランドになりました。

そこでこの25年をフレームコレクションにより振り返るとともに、
25年の節目に発売されるニューモデルやニュースを交えながら
Kazuo Kawasakiブランドの魅力を紹介します。

 

 

Kazuo Kawasaki 25th Anniversary 企画

 

期間      : 2010年3月~8月末
      (*開始・終了日は店舗により異なる場合がございます。詳しくは各店にお問合せ下さい。)

 

参加店 : →こちらから

 

また現在、川崎氏はPeace-Keeping Design(PKD)を提唱し、
対象地域の紛争問題、貧困問題、感染症問題など、地域環境の課題に取り組んでいます。
このプロジェクトではデザインを基軸とした、非営利の国際的デザイン運動を展開します。 
増永眼鏡もその構想に賛同し、支援します。 

 

PKD.jpg

Peace-Keeping Design(PKD)公式サイトへ

 

企画期間中Kazuo Kawasakiフレームを購入されるとフレーム1枚にトリアージタグが付きます。
トリアージタグとは、緊急現場での治療優先度を決めるシステムに使用されるタグです。
単なる記念品ではなくPKDへの参加の証となる品であり、実際にもご使用いただけます。
 

タグ.jpg

 

・・・つづく 


 

2010年2月12日 |

TOKYO EYEWEAR COLLECTION 2010のご案内

TOKYO EYEWEAR COLLECTION (TEC) 2010 に参加致します。

TECとはは常に新しい眼鏡にかかわる製品を提案するトレード・ショウです。

 

日程(商談会):2010年4月6日(火)~4月8日(木)

 

展示会場:ホテルニューオータニ ガーデンタワー5階 きくの間

       東京都千代田区紀尾井町4-1-5F

       AM 10:00 ~ PM 6:00

       お問合せ 0776-38-1501

 

TEC2010_banner.jpg

 

 

2010年2月2日 |

Kazuo Kawasaki 新型発売

Kazuo Kawasaki 新型 MP-740、MP-741、MP-743、MP-744が発売となりました。

 

今回『TWIST(ツイスト)』シリーズとして新たにKazuo Kawasakiシリーズに加わりました。

ツイストシリーズのポイントは、フロントからテンプルエンドにかけて、途中でひねりのアクセントを

効かせていますがラインはくずれることなくフレームデザインが完成されているこの美しさにあります。

さらにアンチテンション機能も装備した掛け心地良いフレームとなっています。

MP740_T.jpg

 

 

フロントデザインは4タイプ。

MP-740は柔らかなフロントラインが特徴のモデルです。

 

MP740.jpg

 

MP-741は立体的なフロントラインが特徴のモデルです。

 

MP741.jpg

 

MP-743はフロントバーがレンズの後ろから流れるシャープなモデルです。

 

MP743.jpg

 

MP-744はアンダーリムが新しいアンチテンションモデルです。

 

MP744.jpg

 

→カタログはこちら

2010年1月29日 |

THE MASUNAGA 新型発売

MA-5019, 5020, 5510, 5511

 

今回の新作は、『質感と機能性の両立』をテーマに

メタルフレーム、プラスチックフレームのシリーズを展開します。

 

MA5510_19.jpg

 

MA5019_.jpg

 

メタルフロントはチタンシートを使いリムの幅の強弱やカッティングでモノとしての質感や存在感を

表現しています。プラスチックフロントは素材本来の質感を生かしつつ、生地の厚みの調整により、

強度や質感を表現しています。

 

しっかりとしたフロントと、厚みの強弱をつけたテンプルを繋ぐ丁番に、『爪切り』をヒントに設計した

新しいバネ機能を採用することにより、包み込むような優しい掛け心地を提供します。

 

hinge.jpg

 

バネ部の側面にはプレス加工により『MASUNAGA』のMをかたどったデザインが施されたり、

M_mark.jpg

 

テンプル内部のブランドロゴにシルバーの電鋳オーナメントを使うなど、

細部に至るまで、こだわりの質感を演出しています。

 

denchu.jpg

 

 

カラーリングは控えめながら半光沢やマット等、表面の質感で表情の変化をつけています。

メタルフレームはフロントとプラスチックテンプルの異なるカラーを組み合わせたモデルも

新たなご提案の一つとして展開します。

 

→カタログはこちら

 

 

2010年1月16日 |

TOKI 新型発売

世界中のセレブリティーから愛されるブランド「TOKI」 から

新型 TK-8608, 8609, 8610, 8611, 8803, 8804, 8805が発売となりました。

 

 

TK-8608, 8609, 8610, 8611 はメタルモデル。

フロント素材は人気のチタンシートを採用しスタイリッシュさを表現。

テンプルは職人の研ぎ澄まされた技術によって仕上げられた存在感ある3次元フォルムです。

 

TK8608.jpg

 

カラーにおいては光沢とマットを部分によって使い分けることでコントラストが生まれフレームをより美しく表現しています。

 

TK8608-コントラスト.jpg

 

またモダンに革調塗装を採用したカラーもあり、TOKIにふさわしい高級感、存在感を引き立てています。

 

TK8608-革.jpg

 

 

TK-8803, 8804, 8805 はプラスチックモデルです。

 

TK8804.jpg

 

TK-8803,8804はリム表面を女性のしなやかな肢体をイメージし、職人の手磨きにより丸みを帯びた曲線に仕上げています。またテンプルにレース柄、花柄のプリントが施されたバリエーションも揃い、アセテート生地のカラーと立体的なプリント模様が融合したお洒落なフレームになっています。

 

13_8803.jpg  

 

37_8803.jpg

 

TK-8805は単色とホーン柄の2種類の生地を上下に張り合わせたオリジナルカラーを採用。めりはりの効いた生地が高級感を表現しています。

 

TK8805_33.jpg

 

 

→カタログはこちら

 

2009年12月25日 |

G.M.S. STORY を公開しました。

「G.M.S.」の歴史や開発工程をより深く知ることができる、「G.M.S. STORY」を公開しました。社長の増永悟と工場長の早苗節朗が、G.M.Sに込めた想いや2010年1月発売予定の「G.M.S. 999」についてもご紹介しています。

G.M.S. STORY」からご覧いただけます。

2009年12月19日 |

キッズ用ハイブリッドフレーム J-56、J-57発売

キッズ用ハイブリッドフレーム J-56、J-57が発売となりました。

 

KOKI_J-1.jpg

↑ (上)J-56 (下)J-57

 

【ハイブリッドフレームとは】

2つ以上の機能を組み合わせ一つの目的を成すフレームの事です。

 

J-56、J-57はメタルフレームとプラスチックフレームの優れた機能を併せることで、

従来のフレームよりもっと安全性・機能性・耐久性に優れたフレームとなっています。

 

メタルフレームの利点とは・・・

- 強い丈夫な「智(ヨロイ)」のため衝撃に強いメガネが出来る。

- テンプルに形状記憶合金を使用しているため子供の乱暴な

  扱いによる変形を防ぎ、また強い衝撃にはメガネが曲がるため

   怪我をし難くフレームも壊れにくい。腐食しにくく軽い。

- 二段曲げテンプルは耳の付け根ラインに沿った形状のため

    フィッティングポイントが長く、ずり落ち難い。

 

プラスチックフレームの利点とは・・・

- 鼻柱が細く鞍鼻部が低い子供の顔の特徴を考え、

  盛り鼻タイプのパッドを使用する事で、子供の顔に合わせて

   パッドを削りフィッティング出来るので安定性が良い。

 

【特許技術】

プラスチックパッドの固定方法は特許を取得。(特願 2008-310163)

 

J-PAD.jpg

 

煩わしい作業がない簡単な方法で新しいメガネが完成しました。

 

カタログはこちら

 

PAGE TOP